ご好評頂いているオプションのステンレスカバーの事例をもとに施工手順をご紹介します。

手順1. 施工場所。外部電源も必要になるので、近くにあるか確認。

手順1. 施工場所。
外部電源も必要になるので、近くにあるか確認。

基礎部分の高さを測る。 プレート部分はまだ完全に打ち込まないように注意!

手順2.基礎部分の高さを測る。
プレート部分はまだ完全に打ち込まないように注意!

基礎部分の高さにあわせ、ステンレス化粧カバーの「受け具」のみをカットする。

手順3. 基礎部分の高さにあわせ、ステンレス化粧カバーの「受け具」のみをカットする。

カットには必ず機材が必要になる。

手順4. カットには必ず機材が必要になる。

手順5. 完全に切断する。

先ほど、仮置きしていた、基礎部分のプレートを一旦はずし、受け具をプレートと基礎の間に挟み固定する。  上部も同様に、受け具をつけてからプレートではさみ固定する。

手順6. 先ほど、仮置きしていた、基礎部分のプレートを一旦はずし、受け具をプレートと基礎の間に挟み固定する。
上部も同様に、受け具をつけてからプレートではさみ固定する。

手順7. コーチスクリューボルトを締め込み、上部のプレートと同時にカバーの受け具も固定。基礎部分も、カットアンカーを打ち込む。受け具が曲がらないように注意すること。

手順8. カバーを仮で被せる。こちらはカットの必要なし。
サイズはピッタリです。

コーキング処理のため、養生テープを張る。

手順9. コーキング処理のため、養生テープを張る。

隙間がないように、コーキング処理。

手順10. 隙間がないように、コーキング処理。

テープを外したら、カバーを止めるためのビスを打ち込む

手順11. テープを外したら、カバーを止めるためのビスを打ち込む。

オプションの施工カバー付きTAITAN-16の設置完了。  美しいステンレスで非常にスマートな外観です。 どんな住宅でも違和感なく設置できます。

手順12. オプションの施工カバー付きTAITAN-16の設置完了。 美しいステンレスで非常にスマートな外観です。 どんな住宅でも違和感なく設置できます。