木造建築住宅の耐震補強は、簡単・安心・強力!の耐震補強プレートシリーズにお任せ下さい。

TAITAN-16 施工手順

手順1

手順1

  • インパクトドライバー
  • コンクリートドリル
  • ハンマー
  • コーキング
  • 延長コード(電源)
  • モンキースパナ

他、必要に応じて、サンダーなどもご用意下さい。

手順2

手順2

外部電源の確認と確保

手順3

手順3

取付位置を確認。

TAITAN-16 を仮組みした後に 墨付け

手順4

手順4

9mmのドリルにて柱部分まで穴あけ。
その後、モルタル部分のみ、一回り太いドリルで削っておくとコーチボルトを打つときに楽になります。

手順5

手順5

コーチボルトをインパクトトライバーにて打ち込む。(ソケット使用)

手順6

手順6

5本均等に打ち込んでいき、しっかりと固定。

手順7

手順7

基礎部分を墨付け

手順8

手順8

ドリルで穴を開ける前に、アンカーと並べて、ドリルに目印のテープを巻くと、深さの目安になるので便利です。

手順9

手順9

基礎部分にドリルで穴あけ

手順10

手順10

オールアンカーを差し込み、ハンマーで叩き打ち込む

手順11

手順11

オールアンカーの周りをコーキング処理をする

手順12

手順12

基礎側のベースプレートを付け、ジョイントを軽く止めてナットを締めていく。

手順13

手順13

上部、下部ともにジョイント部分をインパクトで固定

手順14

手順14

モンキーでジャフト部分を固定。上下ともしっかりと。

手順15

手順15

完成。

このとき、多少シャフトが左右に動きく。これは横揺れの地震の際に遊びになる構造ですので、問題はありません。

手順16

手順16

オプションとしてカバーをつけることが出来ます。

カバーは 受け(左) と 被せ(右)に分かれています。
カバー設置時は基礎の段差に合せて切断の必要があり、 受けカバーをつけてから、TAITAN-16を設置、その後に被せを ビス止めしていきます。

詳しい施工方法はこちらをご覧下さい。

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社フルハウス All Rights Reserved.